骨盤について

骨盤とは

骨盤は大きな3つの骨、左右の腸骨と仙骨で構成されています。
私たちの身体は『骨』が支えているのではなく、

骨と骨をつなぐ『筋肉』がその支えとなる役割を果たしています。

骨盤が私たちの身体の中心であり、

『腰』が身体の『要』であることはその名称からも明らかですね!

骨盤の内側はいくつもの筋肉が重なり合い、その働きを支えています。


骨盤の底の部分をハンモック状に支えるのが骨盤庭筋群、

骨盤の動きから全身の動きをリードする

大腰筋・腸骨筋を一般にコア(深層筋)と呼びます。

 

これらの筋肉は、骨盤の可動をコントロールし、

私たちの運動をしなやかに支え、そして内臓を支える役割をも果たします。

骨盤はとても重要なエネルギーをコントロールする場所です。

骨盤の歪みとは

骨盤周りには多くの筋肉が付着しています。

その筋肉の一部が収縮すると、その収縮した筋肉に骨は引っ張られ、

その引っ張られた方向に曲がってしまうことを骨盤が歪むといいます。

カラダの要である骨盤の歪みの原因は日々の生活スタイル、

体の癖・思考・心の状態・食事・性生活など、

さまざまな要因によりバランスが失われ、歪みや緩みが引き起こされています。

 

骨盤の歪みや、それによるエネルギーの滞りは

内臓や筋肉に負担をかけるだけでなく、

内分泌系や神経系の働きにも影響を与えます。  こちらをチェック  ↓ ↓ ↓

♥ベビーマッサージレッスン♥

        ここちらからどうぞ 

当教室ブログ♪ご覧下さい。

 是非、声をお聞かせ下さい。